YouTubeって宝の山

こんばんは、やさいです。
この夏は一段と黒くなりました。はい。
週末ガッツリ入ってます。

突然ですが、みなさんは自分のサーフィンの成長が止まった、スランプに陥ったなどの経験はありますか?

今の僕は、まさにこれです。

少し前に、初めてリップする感覚が掴めた気がしました。

でもそれから1カ月後、また元の感覚に戻り、掴みかけたリップの感覚を忘れました。笑

なかなか悔しいことですが、何も考えずにサーフィンやってる自分のせいです。
カッコよく波に乗りたい!豪華な水しぶき、スプレーを上げたい!
そう思っているのに、海に行ったらとりあえず入って、とりあえず波に乗って帰る。

まぁそれはもちろん最高に楽しいですけど。

やはり、もっと上手くなって、さらにサーフィンを楽しみたい。
そう思います。

ってことで、前置き長くなりましたが、YouTubeでサーフィンのHow to系動画を見まくってます。

実は前からよく見てましたが、ただボーッと眺めて、へぇー、そうなんだ。
で終わってました。

これじゃ何も変わらん!

なので、今は自分のどこが課題か?をよく考え、それについて解説している動画を見て、その場でイメトレ&次の時に実践
を始めました。

これで少しずつ改善していくはずだ!

あ、あと大事なのが連れにビデオを撮ってもらって自分のライディングを確認することですね。

最後に最近で1番参考になった動画を貼っときます。

ここで言われていることは、
サーフィンで最も大事なものは、スピード
そのスピードを生むための体の使い方、姿勢をする。
その姿勢とは、両膝を平行に曲げ、骨盤を起こす。
内ももに何かを挟むイメージで力をいれる。

自分はフロントサイドの姿勢が前屈みになりすぎる傾向があったので、参考にしました。

これを見たあとすぐにスケボーで練習しました。

さぁ、今週末海で試すのが楽しみだ!

それでは、おやすみなさい🌙

サーフィン勉強会 様々な地形

こんばんは!
やさいです。

久しくサーフィン行ってません(1週間くらい)。
なので家では動画見て気持ちを保ってます笑

今回は久しぶりにサーフィン勉強会ということで、「海岸の地形」について見ていきたいと思います!


ずっと同じポイントでやっていた自分は、ビーチブレイクしか知りませんでした(他にもあることを最近知った笑)


それぞれの地形、ブレイクで波のコンディションが変わってきます。

地形が違うだけでもサーフィンできるポイントとできないポイントと明確に分かれてしまいます。

また、初心者向きの地形や上級者向きの地形が存在するのです。

その辺も詳しく調べたので見ていきましょう!

「ビーチブレイク」
10CA3ADC-8E0B-4D15-86C6-440825817227.jpg

最もポプュラーな地形ではないでしょうか。ビーチブレイクでは、地底の砂が風や潮の流れ(沿岸流)によって運ばれ、日々変化しています。そのため、日によって波がブレイクする位置が異なることもあり、波を読むことが難しい地形と言えます。ただ、地底が砂となっているため、波に巻かれたとしても大きな怪我は少ないのではないでしょうか。そのため、初心者向きの地形と言えます。

「リーフブレイク」
758C17D1-358C-49F1-A17D-C668D5CE4DB8.jpg

地底が岩や珊瑚礁になっている地形を「リーフブレイク」と言います。地底の変化がまったくないため、基本的に同じポイントで波がブレイクします。しかし、地底が硬い岩や珊瑚礁なので波に飲まれてしまうと大怪我につながりやすいでしょう。そのため、上級者向きの地形と言えます。初心者は近づかない方がいいでしょう。自分もリーフブレイクでやったことは未だありません。


「玉石ブレイク」
199DE7ED-639A-4CBC-976E-67726D1EB54A.jpg

地底が中くらいの石などによって形成されている地形を「玉石ブレイク」と言います。
地形を形成する粒の大きさ順でいくと
「ビーチブレイク」<「玉石ブレイク」<「リーフブレイク」となります!
玉石ブレイクは、ビーチブレイクよりも地形の変化がないため、比較的決まったポイントで波がブレイクします。そのため、波を読みやすいと言えますが、やはり硬い石が地底にあるため、初心者が挑戦する際は注意が必要です。

「河口ブレイク」
10AAAAA3-2941-45E6-9989-C9F62CE9B33D.jpg

河口に位置し、三角州を形成している地形を「河口ブレイク」と言います。
自分の感覚ですが、ここではいつも波が立っているように思います。決まったポイントで波がブレイクするので、やりやすい地形と言えます。しかし、注意するべきは「カレント」。他の地形よりも断然カレントが強く、沖に流されやすいので注意が必要です。こちらも初心者には厳しいように思います。

以上4つの地形を紹介しました!
自分はビーチブレイクが主で、このポイントで波がないなら無理か〜と諦めることが多かったです。
でも、今回色々な地形を勉強したことにより、地形によってぜんぜんコンディションが違うことを知ったので、ビーチブレイクがダメでも他のブレイクを探したいと思います!


少しずつ知識が増えている実感があるので楽しいです(^^)♪

では、また!!!

内海と外海

こんばんは!
やさいです。

昨日、初の御前崎で初の外海でした!
いつも行ってる静波は内海で、まったく波の大きさが違ってビビりました(笑)


そこで、内海と外海について調べてみました!
内海と外海のちがいについて書いていきます。

基本的に、内海よりも外海の方が波は大きくなる傾向がある。それは、外海は太平洋に面しており、外洋からのうねりをダイレクトに受けるから。
ただ、うねりの方角よっては内海の方が大きくなることもあるらしい。

初心者には内海がもってこいと言うわけですね!

さらに、内海よりも外海の方が海水の温度が高く、風向きも違うようです。


これからは、内海がダメなら外海行ってみるかー

みたいなことも出来そうですね(^^)

では、また!!!


最近のコメント