海外サーフトリップ!!!inダナン 予告

こんばんは!
やさいです。

久しぶりの投稿です、、、。


実は、初海外サーフトリップしてきました!!!


写真とかを使って詳細に書きたいので、具体的な感想とかは明日以降の投稿になります。


初海外サーフトリップinダナン

お楽しみに(^^)

では、また!!!ダナン.jpg
posted by Yasai at 20:37Comment(0)日記

昨日の静波 大波

こんばんは!
やさいです。

BCAD0E06-3F54-4141-B4DD-FAB7F9EA3335.jpg

昨日は、友達と2人で静波へ行きました!

ちょっと前から波予想で、この日はかなりサイズのある波と、強烈な風が吹くと聞いていました。

そこで、前日に突如行こうということで決まりました。

ここだけの話、僕の寝坊で出発が2時間ほど遅れました( ;∀;)
(すみませんでした)

静波に到着して波チェック。

デカすぎる、、、。
台風かと思うくらいでした。

風は思ったほどなかったですが、波がデカすぎるからちょっと帰ろうかとも話してましたが、せっかく来たから入ってみようということで海へゴー。

まず沖にすら出れず、次々とやってくる波をかわすだけで終わりました(笑)

たまにくる小波に一度二度くらいは乗れたかな?
ちょっとだけ成長です。

1時間ほどやってたら、他のサーファーが続々とやってきました。

たしかに風も弱まり、海面も綺麗に整ってました。

どうやってこの大波に乗るんだろうと見てたら、みんな揃って堤防のすぐ横から沖に出てました。(ちゃんとルートがあるんですね)

そして大波に乗ってました。カッコいい。

僕ら初心者には危険だということで、堤防横から沖に出ることはやめ、そのまま海から上がりました。

いやぁ〜悔しかったですが、夏の台風の大波でリベンジするという目標ができました。

早く大波乗りこなしたいです。

では、また!!!
posted by Yasai at 20:00Comment(0)記録

サーフィン勉強会 様々な地形

こんばんは!
やさいです。

久しくサーフィン行ってません(1週間くらい)。
なので家では動画見て気持ちを保ってます笑

今回は久しぶりにサーフィン勉強会ということで、「海岸の地形」について見ていきたいと思います!


ずっと同じポイントでやっていた自分は、ビーチブレイクしか知りませんでした(他にもあることを最近知った笑)


それぞれの地形、ブレイクで波のコンディションが変わってきます。

地形が違うだけでもサーフィンできるポイントとできないポイントと明確に分かれてしまいます。

また、初心者向きの地形や上級者向きの地形が存在するのです。

その辺も詳しく調べたので見ていきましょう!

「ビーチブレイク」
10CA3ADC-8E0B-4D15-86C6-440825817227.jpg

最もポプュラーな地形ではないでしょうか。ビーチブレイクでは、地底の砂が風や潮の流れ(沿岸流)によって運ばれ、日々変化しています。そのため、日によって波がブレイクする位置が異なることもあり、波を読むことが難しい地形と言えます。ただ、地底が砂となっているため、波に巻かれたとしても大きな怪我は少ないのではないでしょうか。そのため、初心者向きの地形と言えます。

「リーフブレイク」
758C17D1-358C-49F1-A17D-C668D5CE4DB8.jpg

地底が岩や珊瑚礁になっている地形を「リーフブレイク」と言います。地底の変化がまったくないため、基本的に同じポイントで波がブレイクします。しかし、地底が硬い岩や珊瑚礁なので波に飲まれてしまうと大怪我につながりやすいでしょう。そのため、上級者向きの地形と言えます。初心者は近づかない方がいいでしょう。自分もリーフブレイクでやったことは未だありません。


「玉石ブレイク」
199DE7ED-639A-4CBC-976E-67726D1EB54A.jpg

地底が中くらいの石などによって形成されている地形を「玉石ブレイク」と言います。
地形を形成する粒の大きさ順でいくと
「ビーチブレイク」<「玉石ブレイク」<「リーフブレイク」となります!
玉石ブレイクは、ビーチブレイクよりも地形の変化がないため、比較的決まったポイントで波がブレイクします。そのため、波を読みやすいと言えますが、やはり硬い石が地底にあるため、初心者が挑戦する際は注意が必要です。

「河口ブレイク」
10AAAAA3-2941-45E6-9989-C9F62CE9B33D.jpg

河口に位置し、三角州を形成している地形を「河口ブレイク」と言います。
自分の感覚ですが、ここではいつも波が立っているように思います。決まったポイントで波がブレイクするので、やりやすい地形と言えます。しかし、注意するべきは「カレント」。他の地形よりも断然カレントが強く、沖に流されやすいので注意が必要です。こちらも初心者には厳しいように思います。

以上4つの地形を紹介しました!
自分はビーチブレイクが主で、このポイントで波がないなら無理か〜と諦めることが多かったです。
でも、今回色々な地形を勉強したことにより、地形によってぜんぜんコンディションが違うことを知ったので、ビーチブレイクがダメでも他のブレイクを探したいと思います!


少しずつ知識が増えている実感があるので楽しいです(^^)♪

では、また!!!

最近のコメント